気持ちよく睡眠をとるためにしてみましたが

461674

私も寝たいなと頭で思っててもなかなか寝れない体でした。寝たいなと頭で思えば思うほど寝れなくなっていました。ストレスが溜まっている時ほど寝れない感じがありました。頭が興奮していて何回も体位を布団の上で変えたのも覚えています。こんな日が続いてしまって運転中に事故りそうになってから良く眠れる方法を調べてみました。ぬるいお風呂に浸かるとか寝る前にスマホをみないとかテレビでやっていて、実践してみました。ぬるいお風呂は寝る前までリラックスした感覚でいる事が出来ました。スマホは前からあまり構わないので問題ないかなと思いました。前よりは力んで寝なくてはと思わずに睡眠が出来たと思います。もう少し楽に睡眠を取りたいなと思ってもう少し調べてみたら、寝る前の呼吸方法があるらしくて私も実践してみました。4秒吸って5秒止めて6秒吐くといいと言っていました。最初は意識してやっていたのが、自然に出来てくると知らない内に寝てしまっていることが増えてきました。この呼吸方法を始めてから今日起きた出来事が頭に映像として浮かぶことがなくなり、嫌なことを頭で何度も思い出す事がなくなりました。そのお陰もあったせいか呼吸方法をするだけで自然と寝むりに入れるようになりました。

サイレントナイト

実は使える!? 工具メーカーの充電式掃除機

2016y09m14d_234949426我が家で使っているマキタの「充電式クリーナ」、「CL100DW」についての使用感などを書いてみたいと思います。

●充電式のクリーナーが欲しい

以前から妻が掃除機が欲しいというので家電量販店などをいろいろな掃除機を見ながら、我が家の用途にぴったりなものを探していました。探していたのはコンパクトで使い勝手のよさそうな充電式のものです。

有名家電メーカーの製品は基本的に高いです。デザインはよいのですが、30,000円を軽く超える商品が多く、それよりも安い商品だとちょっとパワー不足を感じていました。また、吸引能力だけを考えて、コスト部分は目をつむり、思い切ってダイソンのものも考えましたが音が大きすぎてあきらめました。そんなときに、ホームセンターで発見したのがマキタの充電式掃除機です。

●工具メーカーが作った掃除機

マキタと言うのは工事関係の人などによく知られている工具のメーカーです。草刈り機や植木用のバリカンなども扱っているため、ガーデニングなどをやっている人もご存知かもしれません。バッテリ式の工具も多く扱っており、この掃除機もそれらの中の一製品なのでした。

店頭を見ているとマキタの充電式掃除機(商品名はすべて充電式クリーナとなっていました)にもいくつかの商品があることが分かりました。まず、大きく分けて紙パック式とカプセル式の2種類があります。紙パック式は専用の紙パックを掃除機の中に入れて使うもの、掃除した時に吸い取ったゴミはこの紙パックに収納され、いっぱいになったらパックごと捨てられるとのこと。カプセル式は本体内部にゴミを吸い込んでためていきます。掃除機の先の部分をひねれば、ゴミがたまったカップのような部分を外れるので、そのままゴミ箱などにたまったゴミを捨てます。紙パックは手軽ですがコストがかかること、カプセル式はある程度本体内部の清掃に手間が要るものの紙パックが要らないという利点があります。

この紙パックとカプセル式の二つにはそれぞれバッテリのV数の違うタイプがあり、7.2V、10.8V、14.4V、18Vとラインナップされています。このVはバッテリのボルト数で、数字が大きいほどバッテリのパワーや容量が大きいようです。要するに吸い取る力が強くて使用できる時間も長いってことですね。

妻といろいろ健闘した結果、カプセル式でバッテリが10.8VのCL100DWとういう製品を購入することに。定価は18,000円くらいですが、実際には12,000円ほどで購入できました。セットでバッテリが一つと充電器が付いています。正直な話、この金額なら使えなくても我慢できるという、ちょっとしたカケでもありました。

●CL100DWの良いところ悪いところ

さて、数か月使用した上での感想ですが、非常に使い勝手がよくコストパフォーマンスの高い掃除機だと思っています。カケに勝つことができたのです。

この製品のメリットとして大きいのが充電式のコードレスだということです。台所など、ダイニングテーブルの周りもケーブルを気にせずぐるぐる回りながら掃除をすることができます。ちょっと汚れていると思ったら、隣の部屋でもすっと持って行って、すぐに掃除して、元の場所に戻せるという使い勝手の良さが重宝しています。10.8Vバッテリの選択がよかったのか、パワーについても申し分ありません。ノズル部分もアタッチメントを交換して隙間用にすることができます。我が家では車を所有していませんが、充電式なので社内の掃除などにも役立ちそうです。

デメリットとしては、充電式なので使いたいときにすぐ使えないことがあることです。一回の充電で使える時間は12分ほどです。充電は大体50分くらいで終わりますが、電池の残量表示などがないため、電池が減っていることに気が付きにくいです。いざ使ってみたらパワーが全然なくて、それは電池切れ寸前だから……ということが最初のころありました。また、ここは工具メーカーという立ち位置的に仕方ないのかもしれませんが、デザインを全く気に留めない作りのため、「洗練された」とか「ファッショナブル」といった枕詞がまったく似合わない武骨な作りです。掃除機を立てかける充電台などもありません。デザインを気にする人には厳しいものがあるかもしれません。

メリット、デメリットを両方抱えているのがバッテリかと思います。今はまだ元気なバッテリですが、いつか交換が必要になるときが来るでしょう。ただ、マキタの工具と共通のバッテリを使用しているため、入手性は高いです。定価は7,000円ですが、購入したホームセンターでは4,000円ほどで売られているのを確認しています。ちょっと高い気もしますが、このバッテリを使うことのできるドリルや電動のこぎり、芝生バリカンなどの工具もあるため、DIYをするパパがいたり、ガーデニングを行なっている家ではバッテリを使いまわして工具を利用することもできます。

●我が家では大活躍。コストパフォーマンスも高い

しかしながら、我が家ではこの掃除機が大活躍しております。汚れに気が付いたらちょっと持ち出して掃除。これを繰り返すことで掃除に長い時間をかけることが少なくなりました。電源ケーブルをコンセントに挿してから使うクリーナーとは全く違う使用感とメリットだと思います。バッテリの残量についてはインジケータなどを作ってほしいといった要望がありますが、使っているうちに、もうすぐバッテリが切れると分かるようになってきます。デザインを気にしない人ならお勧めできる掃除機だと思います。

それと、自分で巻き爪を矯正できる巻き爪ロボもオススメです。

ドラム式洗濯機てすごく便利

2016y09m13d_215856458

新しく買い替えるにあたって旦那がどうしてもドラム式がいいとのことだったので、ドラム式をメインに見ていました。ただ、普通の洗濯機よりドラム式は高いので説明をいろいろ聞きました。話を聞いていると乾燥ができることや縦型とくらべても洗濯の洗浄力もそんなに変わらないということも言われ、共働きで家にいる時間が多いこともあり思い切ってドラム式を買ってみました。良い点は乾燥ができること。乾燥が終わっても時々ドラムが回るので絡みも少なくふんわりがキープされています。仕事行く前に洗濯を始めて仕事が終わって帰ってきたときには乾いてると最初感動しました。悪い点は乾燥だと洗濯より容量が少ないのと、乾燥できないものも多くあることです。あとは洗濯のみを行った場合は終わったあとはしっかり中を拭かないと次使うときにおいがしてきます。
私は型崩れとか洗濯しかできないものを先に洗い、その後タオルなど乾燥機にかけれるものはまとめて洗濯乾燥のスイッチを入れて先に洗濯したものを干して仕事にいきます。すると効率良くて使いやすいです。私は買って満足はしています。

衣類スチーマーもオススメ

楽天レンタル体験レビュー

0008CD・DVDレンタル、といえば一昔前はショップで借りるのが当たり前でしたが、今ではオンライン上の手続きひとつで自宅に届く時代になりました。

しかし、興味はあるものの月額~円で借り放題など定額制のサービスが多く、試すには少々ハードルが高いのも事実。
(初月無料で試せるところもありますが、うっかり解約し忘れそうで…)

そこで、月会費が掛からず1枚からレンタルすることの出来る楽天レンタル(スポットレンタル)を試してみることにしました。

【気になる料金は?】

・新作 1枚280円
・準新作 1枚170円
・旧作 1枚50円

併せて送料が320円掛かります。
(20枚まで同時レンタル可能)

【返却期限は?】

配送センターから商品が発送された日から10日後。(午前6時半センター必着)
延滞すると1日につき1枚100円の延滞料が掛かります。

住んでいる地域にもよりますが、往復の配送におよそ3~4日要するので(往路は飛脚メール便、復路は普通郵便)、実店舗での1週間レンタルとほぼ変わらない感覚でレンタルすることが出来ました。

対して月額プランは、貸出し中の商品を優先的に予約出来たり、返却期限が無いというメリットがあるので、新作を中心にレンタルしたい方は月額プランをオススメします。

以上、楽天レンタルの体験レビューでした。
実店舗より少々割高であったり、オンラインという性質上、支払いがカード払いに限られてしまうデメリットはありますが、商品の探し易さや、何よりせっかく実店舗まで足を運んだのに貸し出し中だったという憂いを味わわなくて良いというのはとても大きいと思います。
この記事が気になっていた方の人助となりますように。